尿酸値が高いとなぜいけないの?「尿酸」と「高尿酸血症」

健康に対する意識の高まりから健康診断や人間ドックを受ける人が増え、多くの方が「尿酸値が高い」ことを指摘されています。

いまは何の症状がなくとも尿酸値が高い状態がどんな病気や症状を引き起こすのか、数回にわたってご説明していきます。

第一回目の今回は「高尿酸血症」「尿酸」が何なのかについてご紹介いたします。

そもそも尿酸ってなに?

尿酸という名前から、「尿」の「酸」のことだと勘違いされやすいのですが、尿酸はひとつの物質の名前です。

尿酸のもととして食品に含まれる「プリン体」が有名ですが、実は食品のプリン体からつくられる尿酸は全体の20%に過ぎず、残りの80%は体内でつくられるエネルギーの燃えかすと、遺伝子が分解されることによって生じる老廃物です。

できた尿酸は、尿の中に排泄され、体内の尿酸の量(尿酸プールといいます)は常に一定に保たれています。

高尿酸血症

尿酸値はどうして高くなるの?

体内で尿酸がつくられ過ぎたり、不要となった尿酸がうまく体の外に排泄されなくなることで血液中の尿酸の濃度が高くなります。

高尿酸血症

高尿酸血症ってなに?

尿酸値が高いとなぜいけないの?

血液中の尿酸の濃度のことを「尿酸値」といいますが、
尿酸値が7.0mg/dLを超えたら「高尿酸血症」と呼びます。

今は名のの自覚症状がなくても、高尿酸血症は様々な合併症の黄色信号です。

高尿酸血症は痛風発作や腎障害の予備軍

高尿酸血症の状態が長く続くと、尿酸の結晶が体のあちこちに沈着し始め、激痛で知られる「痛風発作」をはじめとする様々な症状を引き起こします。

高尿酸血症

高尿酸血症は生活習慣病や慢性腎臓病を合併しやすい

最近では、高尿酸血症は高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病や慢性腎臓病(CKD)を合併しやすいことがわかってきました。

生活習慣病のベースにはメタボリックシンドロームといわれる内臓脂肪型肥満の代謝異常がありますが、高尿酸血症も全身の代謝異常のひとつの現れともいえます。

高尿酸血症はこれらの疾患と密接に関係し、動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳卒中などを起こすリスクを高めているといわれています。

高尿酸血症

関連記事:腎臓の病気~慢性腎炎
関連記事:腎尿管結石
関連記事:腎臓の主な病気