タグ別アーカイブ: おもらし

泌尿器科医から見たトイレトレーニングの注意点

トイレトレーニング(オムツはずし)について

赤ちゃんから幼児になり、お母さんが苦労することのひとつに、トイレトレーニング(オムツはずし)もありますよね。最近では0歳からオムツをしない育児法もありますし、お子様の育て方は各家庭によって様々な選択肢があると思いますが、ここでは泌尿器科医の視点から注意していただきたい点をご紹介したいと思います。

オムツがとれる時期について

赤ちゃんに個人差があるように、幼児になれば月齢以上に個人差が出てきます。一般的には3歳までにオムツが取れればいいと昔からよく言われますが、泌尿器科医としてもこの目安で問題無いと思います。ただし、これもあくまでも目安で、女の子よりは男の子の方が遅いですし、3歳になっても取れなくても気にし過ぎてこどもにプレッシャーを与えるのはよくありません。

最近では、1歳や2歳でもオムツを外してからではないと入園できない保育園もあったり、周りの同じくらいの月齢の子が早くに外れたからと焦るお母さんもいますが、泌尿器科医としては止めていただきたい行為ですし、焦るお母さんには、よその子はよその子、うちの子はうちの子のペースで。とどっしり構えていただきたいです。

まだ意思をはっきりと表現できない0~2歳のうちに長期間無理をするよりも、意思疎通がだいたいできるようになる3歳から始めた方が、すぐに取れる場合も多いので、お子さんにもお母さんにも「排泄」に対して嫌なイメージがつなかいように進めていただきたいと思います。

もちろん、お子さんにストレスなくスムーズにオムツを外せるのなら、早く外れること自体が悪いわけではありませんので、意思表示が早く、上手にトイレで排泄できるようになった場合は、何も心配せずにお子さんを褒めてあげましょう。

誤ったトイレトレーニング法

まず幼児用のトイレで排泄することに慣れる方法として、保育園等では時間を決めて時間になったら、こどもたちをまとめてトイレに連れて行って出させるという方法があります。これは【幼児用のトイレで排泄することに慣れる方法】としては良いと思いますが、【オムツを外す方法】としてはあまり良い方法ではありません。とはいえ、保育園ではわずかな先生で複数のこどもの面倒を見なくてはいけませんから、毎日のスケジュール上、仕方のないことではあると思います。

なぜ、【オムツを外す方法】としてはあまり良くないのかというと、時間で区切るということは、オシッコをまだしなくてもいい時に、「先生が褒めてくれるから」と、無理して出す癖がついてしまう可能性があるからです。これを続けていると、充分に膀胱に尿を溜めないうちに、いきんで排尿する癖がつき、将来的に排尿トラブルを抱えやすくなります。

子どもが1回に出す尿の適量について

将来、排尿トラブルを抱えないようにするには、充分に膀胱に尿を溜められることが非常に重要です。では、子どもの膀胱にはどれくらいの量の尿を溜められるのでしょうか?以下に簡単な計算方法をお知らせします。

(子どもの年齢+2)×25=子どもの膀胱に溜められる尿量(cc)

例:8歳のお子さんの場合、(8+2)×25=250cc溜められる

250ccと言えば計量カップ1杯以上ですから、かなり多く感じられるかもしれませんが、本来これだけの量を8歳でも溜められます。もちろん、その限界まで我慢させる必要はありませんが、1回の排尿量が膀胱容量の8割くらいだと、上手なオシッコの仕方と言えるでしょう。

トイレトレーニングが上手くいったときの褒め方

子どもの自発的な意思ではなく、大人の都合やタイミングでトイレに連れて行った際に、おしっこが少量出たとしても、あまり喜ばしいことではありません。トイレに慣れる分には悪いことではありませんが、「トイレでおしっこを出すとお母さんや先生が喜んでくれる」とインンプットされてしまうと、健気な子どもたちは無理しておしっこを出そうとします。

それよりも、「おしっこがしたくなったら教えてね」と日頃から話しかけ、たとえそれがトイレまで間に合わず、オムツやトレーニングパンツにしてしまったとしても叱らずに、子どもが行きたいと言ったときにトイレで排尿が成功し、年齢に適切な量の尿を出すことができた際に「おしっこ沢山出て良かったね」と褒めてあげるようにしましょう。

小学生になってもおもらしやおねしょをしやすい子について

これまでお話ししてきたとおり、真面目でお母さんや先生の期待に応えようという子ほど、大人の都合やタイミングでトイレに連れて行った際におしっこを出そうとがんばったり、自分からトイレに行きたいとは言えなくなってしまったり、「おもらしをしたら怒られる」と思いがちなので、トイレでおしっこができるようになるのは早くても、おもらしやおねしょが長引くことがあります。

それよりも、遊びに夢中でトイレに行くことを忘れてしまったり、いつも少しだけ言うのが遅くてチビってしまうくらいの無頓着な子のほうが子どもらしく健全で、膀胱の限界まで尿を溜めることができ(遊びや自分の楽しいことを優先してしまうので)、自分の意思でトイレに行くことができるようになりやすい傾向があります。

保護者や先生方へ(まとめ)

トイレトレーニングを成功するには、お母さんや先生方には、多少のおもらしは叱らず、ある程度子どもの意思を尊重してトイレに連れて行ってあげてほしいと思います。もちろん、ある程度の時間を置いてもトイレに行っていないな、水分を多く摂っているわりにトイレに行きたがらないな、とお母さんが感じたときに「おしっこしたくない?」と聞いてみるのは悪いことではありませんし、旅行や移動中でしばらくトイレに行けないのが明らかなときに、念の為に確認することも必要なサポートだと思います。3歳未満のお子さんの場合、まだ心と言葉の理解が完全には一致せず、本来の意思とは違う回答をしてしまうこともありますので、言葉通りに受け取って失敗してしまうこともあるでしょう。そういう点も踏まえると、無理に3歳までにオムツを外そうとするよりも、心と言葉の理解がほぼ一致する3歳になってから始めた方が、あっという間にトイレトレーニングが完了することもあります。いずれにしろ、子どもにも個性があり、成長の度合いも違いますので、周りと比較して焦ることなく、ご自身のお子さんの成長速度に合わせて見守っていただければと思います。

74aca350d2247476947c69eb04b2d8ca_s

 

知っておきたいオシッコの話<腹圧性尿失禁>

治療法を知りたいあなたに

医療的対応には、病気によって運動療法、薬物療法、手術療法があります。その症状に応じて対応は異なってきます。排尿障害の種類および程度によって、全ての治療法が最善のものとなりうることを知っておいて下さい。対応が遅れると、膀胱機能の異常が進行し、その治癒に時間がかかるようになるので、早めに医師に相談しましょう。

尿失禁の種類:腹圧性尿失禁(診断名:真性腹圧性尿失禁)の治療法

①基本は前回ご紹介した骨盤底筋群体操です。

②この体操を継続して行い、3ヵ月後に効果が認められない場合。
a)もう一度骨盤底筋群の確認をして下さい。
b)専門医にご相談下さい。
c)過活動膀胱による切迫性尿失禁を合併している場合(混合性尿失禁)は尿失禁治療薬の内服が有効です。
d)内因性括約筋不全によるタイプの場合は専門医にご相談下さい。

用具類による対応策

●体操の効果が現れるまで、外出や運動の時には、軽失禁用ショーツや失禁量に応じたパッド、防水パンツ・メッシュパンツを着用すると安心です。

160405

 

 

知っておきたいオシッコの話<高齢者の自立支援>

以前、高齢者のADL(日常生活活動)の低下についてご紹介しましたが、私たちが、高齢者の自立に向けて支援しようとする時、排尿障害だけをみるのではなく、生活全体を見直しながら総合的な視点でかかわっていくことが大切です。生活を見直す際のポイントについてまとめました。

その人の望む生活に近づけましょう

「おもらし」があっても、外に出かけたいと望むか、寝たきりでも仕方ないとあきらめるかによって、選ぶ排泄用具や環境の整備法も変わってきます。

おむつをあてて寝たきりの生活をしたいと望む人はいないはずです。

最後まで人としての尊厳を保てるよう、あたたかい支援を心がけましょう。

どこに問題があるのかを見極めましょう

排泄行為は、トイレまでの移動や衣服の着脱、後始末などの一連の動作で成り立っており、「おもらし」の原因はさまざまです。

例えば、足腰の力が弱ってトイレまで行けない、衣服の着脱に手間取る、おしりが拭けないなどの日常動作の問題が原因となることもあります。

また、認知症のためのトイレの場所がわからない、介護者ひとりでは抱えてトイレに連れて行けない、和式便器ではしゃがめないなど、介護力の問題や生活環境の不備も考えられます。

どこに問題があるのか、その原因は何かを見極めましょう。

介護者の心身の負担を軽減しましょう

排泄の介護は、生理的な現象に基づくものです。その都度人手が必要であり、後始末や臭気の問題なども加わって介護者の心理的、身体的なストレスが高まる要因となります。

介護者の負担を少しでも軽くするためには、排泄用具や生活環境を整えることが大切です。それは高齢者の気兼ねや遠慮をなくし、自立意欲を高めることにもつながります。

失敗を恐れず試してみましょう

自立に向けて新たな排泄方法を試してみる場合、失敗はつきものです。「そそうしたら恥ずかしい」とか「迷惑をかけてしまう」といった高齢者の気持ちを考慮して、汚れてもいいように環境を整え、明るく根気よく取り組むことが大切です。

160308_i

ADL関連記事

知っておきたいオシッコの話<ADLの低下>
ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(1)
ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(2)
ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(3)
排泄用具を有効に活用するポイント