子供の包茎:亀頭包皮炎

包茎 亀頭包皮炎 子ども 泌尿器科 相談 患者

病状

亀頭に雑菌や真菌(カビ菌)などが感染することによって起こる皮膚炎です。

感染することがないため、性感染症ではないとされています。

亀頭包皮炎が発症すると、亀頭部分や包皮の皮膚が赤くなり、ニキビのような赤い斑点や、ただれ、アトピーのような症状が発生し、かゆみや痛みがある場合もある。(Wiki説明より)

先生の回答

この病気には、まず、お薬の処方などで大体の場合はすぐに治ります。

しかし、予防やお子様の将来のことを考えると、包茎のため隠れている頭を出すことが大事です。

しかし、早い段階では、世間一般に思われているような手術などはほとんど必要なく、小さなうちに亀頭を出す指導をして、自分で自然な形で出させるようにします。

無理やり痛い思いは一切させず、きちんと指導して、繰り返しむく練習をしてもらいます。

そうすることで、痛みなどなくほとんどの場合は大丈夫です。

男の子のおちんちんはとても、デリケートです。

デリケートな部分は極力自然に、そして、痛みのない方法で対処することが大事です。