停留睾丸(停留精巣)

停留睾丸 停留精巣 子ども 泌尿器科 相談 患者

患者

1歳の赤ちゃん

病状

男の子の睾丸が、陰嚢(いんのう)に降りてこない症状です(簡単にいいますとタマタマちゃんが、おなかの中に隠れてしまっている状態)。検診で指摘されました。

放置しておくと、将来男性不妊の原因となります。

先生の回答

対応としては、やはり、早期発見早期治療が大事で、3歳程度までには、経過をみますが、停滞が続く場合は手術で治療します。(精巣固定術)

1回で済みますし、経過観察も1ヶ月程度で完治します。再発の心配などもありません。

そして、先生のお話の中で重要なこととしてありましたが、こういった赤ちゃんの体調管理は、ご両親ですることが大切ということです。

お母さんだけでは、男の子の体のつくりや変化に気づかないことがあります。

両親の違った目線で大切な赤ちゃんの体調をよく見てあげること。

そうして、たくさんのことに『気づいてあげる』こと。そういった家族のコミュニケーションがとても大切だと先生はおっしゃっていました。

赤ちゃんの体調の変化はとても早いです。

なにか小さなことでも気になることなどがありましたら、どうぞ、お気軽にご連絡ください。