残尿感がある時の原因と解消方法 ベスト5

おしっこをした後も、尿が出きっていない感じ、残っているという感じ で悩んでいませんか?

残尿感を体が感じると、気になって何度もトイレに行きたくなりますが、通勤・通学、仕事や授業中などトイレに行くことが出来ない状況は日常よくあり、とても辛いものです。
また、起きている時だけでなく、夜中 寝ている時にもトイレに何度も行くことが続くと睡眠不足になっていまい、生活に支障を来してしまいます。

今回はつらい残尿感の原因となることが多い病気 トップ5位をご紹介いたします。

1位膀胱炎

症状

何度もトイレに行きたくなる
排尿後に痛みがある
残尿感
尿が白く濁ったり、血が混じることがある

といった症状があります。
放っておくと、辛い痛みや高熱、さらには、腎盂腎炎やなどを引き起こす可能性があります。

なりやすい年代・性別

女性がなりやすい病気です。一度発症してしまうと繰り返すことが多い病気ですが、きちんと医師による処置をした後、規則正しい生活をこころがけることで予防できます。

原因

細菌が尿道から膀胱に侵入し感染することで、膀胱に炎症が起こります。
もともと膀胱内には少量の細菌が存在し、細菌への抵抗力がありますが、疲労やストレスなどで体力が落ち抵抗力が弱くなることで、細菌に感染・細菌が増殖し、膀胱炎になります。
また、トイレを我慢したり、トイレの回数を減らそうと水分を控えたりすることを繰り返すことも、膀胱内の菌が増殖して膀胱炎になりやすくなる原因です。
膀胱炎の原因となる細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌などが見られ、その中でも大腸菌が原因菌の80%前後を占めるといわれています。

膀胱炎

治療

軽い膀胱炎は水分を多めに摂っていると、排尿とともに細菌が外に排出され、自然に治ることもありますが、 感染した細菌にあわせた、抗生物質や抗菌剤の投与が主な治療方法です。
症状が改善されたからといって、自己判断で内服を止めたりせず医師の指示にしたがってください。

膀胱炎

次の症状が当てはまる方は要注意!医師にご相談ください。

(1)再発を繰り返す場合
なんらかの病気(例えば膀胱結石,糖尿病,子宮筋腫,膀胱がんなど)が隠れていることがあります。

(2)悪寒・高熱・腹痛がある場合
炎症が腎臓に及んでいる可能性もあります。

間接性膀胱炎について詳しく解説した記事はコチラです。↓

その痛み,間接性膀胱炎かもしれません。

 

2位前立腺肥大症 (男性のみ)

症状

排尿後、まだ尿が残っている感じがする …残尿感
トイレが近い …昼間頻尿
尿が途中で途切れる …尿線途絶
急に尿意をもよおし、もれそうで我慢できない …尿意切迫感
尿の勢いが弱い …尿勢低下
おなかに力を入れないと尿が出ない …腹圧排尿
夜中に何度もトイレに起きる …夜間頻尿

といった症状があります。

前立腺肥大症 症状

なりやすい年代・性別

男性のみの病気です。50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%に見られます。

原因

前立腺が肥大する原因はまだはっきりとは解明されていません。しかし、「男性ホルモンの働き」が関与していることは間違いなく、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより、前立腺が肥大すると考えられています。
コチラの記事も参考になります。

前立腺肥大症

治療

食べ物や水分の摂り方などの生活指導を行って経過をみたり、症状に合わせて投薬治療します。
尿をだしやすくするα1受容体遮断薬(α1ブロッカー)、男性ホルモンの作用を抑えて前立腺を小さくする抗男性ホルモン薬、その他漢方薬、植物エキス薬剤などの治療薬があります。
薬物治療を行っても、症状の十分な改善が得られない場合や、血尿、腎機能障害などが発生した場合、手術を行ないます。

前立腺肥大症チェックシート

前立腺肥大症 チェックシート
↑クリックで拡大表示↑

「I-PSS」の合計点が
8点以上の方→あなたは前立腺肥大症の可能性があります。

0~7点の場合→軽症
8~19点の場合→中等症
20~35点の場合→重症

3位神経因性膀胱

症状

頻尿
尿失禁
尿が出にくい
うまく出せない

といった症状があります。
また、神経因性膀胱になると、排尿機能だけでなく、排便や性機能にも支障をきたすことがあります。

原因

病気や怪我による脳や神経の損傷により、脳からの膀胱や尿道への指令が正常に伝達できなくなることで起こります。
脳梗塞、脳卒中、脊髄損傷や、痴呆やパーキンソン病、腰椎間板ヘルニア、脊髄小脳変性症などが原因となります。

なりやすい年代・性別

原因となる疾患によって異なります。脳梗塞に関しては、60~80歳代の男女に多い病気です。

治療

原因となる疾患の治療をおこないます。
また、膀胱の働きを促進する薬や、膀胱と尿道の神経協調を改善する薬を使います。効果がない場合は、尿道カテーテル留置や間欠的自己導尿が選択されます。

前立腺炎

4位前立腺炎 (男性のみ)

症状

頻尿
残尿感
排尿痛
会陰部から睾丸にかけて不快な鈍痛

などの症状があります。

なりやすい年代・性別

20~30代の男性がかかりやすい疾患です。

前立腺炎

原因

尿道からクラミジア、マイコプラズマ、大腸菌、腸球菌などが前立腺内に入り込み、増殖して炎症を起こすことが原因です。
もともと前立腺には細菌への抵抗力がありますが、疲労やストレスなどで体力が落ち抵抗力が弱くなることで、細菌に感染・細菌が増殖し、前立腺炎になります。
また、慢性前立腺炎の場合、細菌による炎症ではなく、血行障害が原因の場合があります。

治療

感染した細菌にあわせた抗生物質や抗菌剤、前立腺の腫れやむくみを撮る生薬成分や抗浮腫剤などの投与をします。
また、感染原因となる菌が見つからない場合、膀胱にしっかり尿をためてから排尿する、軽い運動をするなど生活習慣の改善で症状が改善することがあります。

5位骨盤性器脱 (女性のみ)

症状

下がってくる臓器によって症状が異なります。
膀胱が下がってくることで
尿失禁
頻尿
排尿困難

直腸が下がってくることで
便秘
排便困難

子宮がさがってくることで
陰部に何か物があるような感じ
陰部が引っ張られているような、あるいは重苦しい

などの症状があります。
どのような骨盤臓器脱でも認められることは、横になると症状が楽になることです。
朝起きてから午前中はまだいいが、午後になると調子が悪いという方は注意が必要です。

なりやすい年代・性別

更年期以降の女性に多くみられます。日本ではまだ正確な頻度は報告されていませんが、お産を経験された女性の約半数が、生涯のうちに何らかの形の骨盤臓器脱を生じるとされるほど多い疾患です。

原因

出産、肥満、慢性の咳、重いものを持ち上げたりする仕事、便秘、排便や排尿時のいきむ(ふんばる)習慣など腹圧が上昇し骨盤底に強い負荷が加わることや、 老化、閉経などによる骨盤底筋群という筋肉の衰えにより、内臓が支えられなくなることが原因となります。

治療

症状が悪化している場合は手術が必要で、その後リハビリをしなくてはいけませんので早期の受診がオススメです。
現在症状がなくとも力んで排尿する習慣のある方は、トイレにいきたくなったら一度我慢して、限界になったら行くと力をかけずに排尿できます。このような心がけが骨盤性器脱の予防になります。
また、コチラの記事のように筋力を鍛えることで症状が改善する場合があります。

骨盤性器脱

先生からのコメント

神楽岡泌尿器科 渋谷秋彦

残尿感という症状は、実際の残尿の有無にかかわらず起こります。

むしろ残尿がある病気でも、受診の際に残尿感の訴えがないことが多く、

逆に残尿感はあるけど何も病気と判断されるものが見当たらないということもよくあることです。

残尿感の多くは、排尿のリズムが原因となることが多く、適切な水分補給と、適切な排尿を身に着けることで解消されることが多いです。

「気になる症状はあるが、受診しようか迷っている」

「病院に行く時間がなかなかとれない」

という方は無料メール相談を行っていますのでまずはご連絡ください。

こちらの著書で、より詳しくオシッコの習慣についてお知らせしています。


「気持ちいいオシッコ」のすすめ
渋谷 秋彦