前立腺肥大症の治療で使われるお薬とその効果

50歳以上の男性5人に1人がかかっていると言われる前立腺肥大症。「尿が出にくい」「尿がためられない」「尿が出きらない」などの症状をもち、悪化すると「閉尿」など尿路全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

お薬の効果図

当院でも受診する方が多い前立腺肥大症ですが、今回は前立腺肥大症ではどのような薬を使って治療を行うのかをご紹介します。

前立腺肥大症の治療で使われるお薬とその効果

前立腺肥大症を治療する薬は数多くありますが、代表的なものといえば「α1受容体遮断薬」や「抗男性ホルモン薬」となります。それぞれの特徴や効果についてご説明いたします。

α1受容体遮断薬(α1ブロッカー)
交感神経が興奮して強く収縮した「前立腺と尿道の筋肉の緊張」をゆるめて、尿を出しやすくするお薬です。

抗男性ホルモン薬
前立腺肥大症の発症に関わっている「男性ホルモン」の作用を抑えて、前立腺を小さくするお薬です。

漢方薬、植物エキス薬剤など
前立腺の炎症を抑えたりして、前立腺肥大症の症状を和らげますが、詳しいメカニズムはわかっていません。

これら3種類のお薬の効果を図で表すと以下のようになります。

お薬の効果図

前立腺肥大症の治療について詳しく知りたい方はお問合せください

「トイレが近い」「急に尿意を催す」「排尿後も尿が残っている感じがする」など尿のトラブルは前立腺肥大症が原因となっているかもしれません。前立腺肥大症やその治療方法について知りたい方は、お気軽に当院までお問合せください。

医療法人 神楽岡泌尿器科
北海道旭川市神楽岡5条5丁目1-25
電話:0166-60-8580(月・火・木・金 9:00~12:30、14:00~18:00/木・土 9:00~12:30/日・祝 休診)
メール:kaguuro@gmail.com(当院院長、渋谷秋彦に直接届きます)