先生教えて!おしっこが長いけどこれって普通?異常?

「おしっこが長くなった」「トイレに入ってからおしっこが出るまでに時間がかかる」「一緒にトイレに行った友人や同僚より時間がかかる」など、おしっこの時間が長いことを悩んでいる方は多いです。

ここでは、一般的におしっこにどれだけ時間がかかるのかや、どんな原因があっておしっこが長くなってしまうのかを泌尿器科院長が解説します。

ただおしっこが長いだけだし病院に行くほどじゃないけど気になる!という方はぜひ参考にしてみてください。

 

俺のおしっこは長いのか?排尿時間の基準

トイレをしよう!と思ってからおしっこが出始めて出し切るまでにかかる時間は、30秒以内が正常といわれています。

30秒以上かかっている場合や、おしっこを出し切った後にも、まだおしっこが残っているような気がしてもう一度トイレに行く場合も含めて、その方は「おしっこが長い」です。

おしっこが長い方の原因として、膀胱や尿道の働きが低下している可能性があります。

特に50歳以上の男性は2人に1人は前立腺が腫れる前立腺肥大症であるとも言われており、おしっこの出にくさや頻尿などを感じる方も多いです。

しかし、おしっこの長さには個人差があるため、一概に「おしっこが30秒以上かかるなら病気」とは到底いえません。

 

おしっこ長いけど「大丈夫なおしっこ」

30秒以上おしっこにかかっていても、膀胱や尿道の働きに問題がないという方もいらっしゃいます。おしっこにかかる時間の長い・短いは、膀胱の大きさによっても変わるからです。

一般的な膀胱の容量は500ml前後と言われており、300ml程度たまるとトイレに行きたくなるようになります。

つまり、一般的な膀胱の大きさに当てはめて考えたときに、「30秒以内におしっこがで終わらなければ、おしっこが長い」と考えられているだけなんです。

膀胱が小さい方は容量が少ないため早く終わりますし、膀胱が大きい方はトイレに行きたいと思う間隔も大きくなり、おしっこが長くなりがちですが、30秒以内という数字に個人の膀胱の大きさは考慮されていません。

「長くて大丈夫なおしっこ」の方は、泌尿器科の先生に膀胱の容量を見てもらって「あなたの膀胱が大きいからおしっこが長いんだよ」と言われて、初めて自分が長くても大丈夫なおしっこをしているんだと安心できます。

ただ、そうはいっても「きっと私・俺は大丈夫!」と思っている方も多いと思うので、「危険なおしっこ」も知っておいてください。

 

おしっこ長くて「危険なおしっこ」

おしっこをしようと思ってから出し終えるまでの時間が30秒以上かかっている方は、何かしらの要因が合って、長くなっています。

  • おしっこに勢いがなくなってきたと感じていませんか?
  • おしっこをし終わった後でも、残っている感覚はありませんか?
  • 夜中におしっこで1回以上起きていませんか?

おしっこが長いうえに勢いがなく、タラタラとしかおしっこが出ない方は、膀胱や尿道が前立腺肥大症・前立腺がんの可能性があります。

特に前立腺肥大症は50歳以上の男性なら、2人に1人が前立腺肥大と言われているほどメジャーな病気です。

前立腺肥大症の代表的な症状
  • おしっこに勢いがなくなった
  • トイレが近い
  • 夜にトイレに目が覚めることが多い
  • トイレに間に合わないことが増えた
  • おしっこの切れが悪い。
  • トイレに行ったばっかりでも、おしっこが残った感じがする

前立腺は尿道を囲っているため、前立腺肥大・がんの出現に酔って尿道を圧迫してしまい、尿の流れを悪くしてしまいます。

少しでも「私・俺に当てはまってる!」とおもった方は泌尿器科受診を視野に入れるのでもいいでしょう。

 

おしっこが長いあなたへの解決策

そうはいっても、「おしっこが長いって言っても、痛いわけじゃないし…」「生活に支障もないしなぁ」「今は大丈夫!」と考える方がほとんどでしょう。

「おしっこが長い」というだけで病院に受診するのは気が引けたり、面倒だったり、恥ずかしかったりとマイナスの印象が大きいためです。

しかし、大切なのは「おしっこが長い」ではなく、「おしっこが長いから膀胱や尿道に異変がある可能性」があるということ。

おしっこが長い方は膀胱が大きかったり、膀胱の容量いっぱいまでためてからおしっこをしたりする習慣の方もいらっしゃいますが、それであれば問題ありません。

あなたのおしっこが長い原因を突き止めて、安心しておしっこができるようにしましょう!

また、自分のおしっこと向き合うことも大事です。向き合うためには「定量的」に評価しすること。そのために「排尿日誌」をつけるのです。

 

排尿日記テンプレートPDFデータ

 

排尿日誌をつけるだけで、余計な検査をせずに解決していくこともあるし、自分のおしっこの正常を知ることができます。

気になる方は、ダウンロードして毎日つけてみてくださいね。

 

まとめ

おしっこの長さについて紹介していきました。

基準としては、30秒以内でおしっこが出ていれば長くはないとご紹介しましたが、少しでもおしっこに違和感を感じたら、泌尿器科を受診しましょう。

 

神楽岡泌尿器科をみてみる

 

監修:医療法人 神楽岡泌尿器科院長 渋谷のプロフィール

1961年(昭和36年)

旭川生まれ

1980年(昭和55年)

道立旭川東高等学校 卒業

1988年(昭和63年)

札幌医科大学 

卒業手術件数・診療実績

 

神楽岡泌尿器科では、「排尿に関してのかかりつけ医になりたい」という思いで日々診療に努めており、早期発見・早期治療ができるよう、患者本位で気軽に緊張せず受診していただける病院づくりに励んでいます。

当院を映像でもご覧いただけるため、雰囲気を知りたいという方はぜひご覧ください。

また、おしっこの悩みに関する書籍も発売していますので、頻尿に悩まれている方は参考にしてみてください。

参考:Amazon

 

出版年数

著書・メディア掲載

2014年 5月15日

「気持ちいいオシッコ」のすすめ

2016年 5月10日

2016最新版 現代の赤ひげ 医療最前線の名医9人

2016年 10/27号

週刊新潮