頻尿チェックと考えられる原因

寒さが徐々に厳しくなる中、トイレが近くて困っている方も多いのではないでしょうか?

頻尿は中高年に限らず、20代や30代でも悩む人は多く、会議の最中にもよおしたり、映画の途中で席をたってしまうなど日常生活への影響もあり、つらいと感じる方が多いようです。

頻尿は生活習慣の見直しや簡単な運動で改善することがあります。今回は、頻尿のチェックと飲み物に関するご紹介です。

まずは頻尿チェック

「頻尿かな」と感じる人は、まず、毎日トイレに行く回数と排尿量を計ってみましょう!

計測方法

計量カップや目盛り付き紙コップと記録用のチェックシートを用意する。

大人の場合、通常は1日に1~1.5リットルの尿を出しますので、トイレに行く回数は、日中に4~7回、夜間では0~1回程度です。

日常的にこの回数を超えていると、頻尿の疑いがあります。

頻尿が疑われる際、注意したいのが水分の摂取量です。

成人の場合、激しい運動をした時の補給を除き、1日1~1.5リットル程度の水分摂取が適正とされています。

ビールなどのアルコール類も含めて、飲む量が増えれば自然と排尿の量と回数も増えます。

飲み物を見直し

東京都リハビリテーション病院泌尿器科の鈴木康之診療部長は、「頻尿で診察に来る人の3割が水分の取りすぎだった」と語る。

水分摂取を控えるだけで簡単に直るケースも多いといいます。

コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含んだものやアルコール類はぼうこうを刺激しやすく利尿作用があるため、飲み物の種類を見直すのも有効です。ただ、これらの飲み物は飲んではいけないというわけではなく、また効果に個人差もあるので、あまり神経質にならなないように注意してください。

また、若い人が頻尿になるケースでは、精神的な理由も考えられます。

外出時には何度もトイレに行きたくなるが、家にいるときは落ち着いているという人も多く、痛みがなく夜間は平気なこともあります。

「大切な用事の前にトイレに行きたくなったらどうしよう」という不安や、幼少時にお漏らしを厳しく怒られた経験がある人などが陥りやすいようです。