タグ別アーカイブ: オシッコ

泌尿器科医から見たトイレトレーニングの注意点

トイレトレーニング(オムツはずし)について

赤ちゃんから幼児になり、お母さんが苦労することのひとつに、トイレトレーニング(オムツはずし)もありますよね。最近では0歳からオムツをしない育児法もありますし、お子様の育て方は各家庭によって様々な選択肢があると思いますが、ここでは泌尿器科医の視点から注意していただきたい点をご紹介したいと思います。

オムツがとれる時期について

赤ちゃんに個人差があるように、幼児になれば月齢以上に個人差が出てきます。一般的には3歳までにオムツが取れればいいと昔からよく言われますが、泌尿器科医としてもこの目安で問題無いと思います。ただし、これもあくまでも目安で、女の子よりは男の子の方が遅いですし、3歳になっても取れなくても気にし過ぎてこどもにプレッシャーを与えるのはよくありません。

最近では、1歳や2歳でもオムツを外してからではないと入園できない保育園もあったり、周りの同じくらいの月齢の子が早くに外れたからと焦るお母さんもいますが、泌尿器科医としては止めていただきたい行為ですし、焦るお母さんには、よその子はよその子、うちの子はうちの子のペースで。とどっしり構えていただきたいです。

まだ意思をはっきりと表現できない0~2歳のうちに長期間無理をするよりも、意思疎通がだいたいできるようになる3歳から始めた方が、すぐに取れる場合も多いので、お子さんにもお母さんにも「排泄」に対して嫌なイメージがつなかいように進めていただきたいと思います。

もちろん、お子さんにストレスなくスムーズにオムツを外せるのなら、早く外れること自体が悪いわけではありませんので、意思表示が早く、上手にトイレで排泄できるようになった場合は、何も心配せずにお子さんを褒めてあげましょう。

誤ったトイレトレーニング法

まず幼児用のトイレで排泄することに慣れる方法として、保育園等では時間を決めて時間になったら、こどもたちをまとめてトイレに連れて行って出させるという方法があります。これは【幼児用のトイレで排泄することに慣れる方法】としては良いと思いますが、【オムツを外す方法】としてはあまり良い方法ではありません。とはいえ、保育園ではわずかな先生で複数のこどもの面倒を見なくてはいけませんから、毎日のスケジュール上、仕方のないことではあると思います。

なぜ、【オムツを外す方法】としてはあまり良くないのかというと、時間で区切るということは、オシッコをまだしなくてもいい時に、「先生が褒めてくれるから」と、無理して出す癖がついてしまう可能性があるからです。これを続けていると、充分に膀胱に尿を溜めないうちに、いきんで排尿する癖がつき、将来的に排尿トラブルを抱えやすくなります。

子どもが1回に出す尿の適量について

将来、排尿トラブルを抱えないようにするには、充分に膀胱に尿を溜められることが非常に重要です。では、子どもの膀胱にはどれくらいの量の尿を溜められるのでしょうか?以下に簡単な計算方法をお知らせします。

(子どもの年齢+2)×25=子どもの膀胱に溜められる尿量(cc)

例:8歳のお子さんの場合、(8+2)×25=250cc溜められる

250ccと言えば計量カップ1杯以上ですから、かなり多く感じられるかもしれませんが、本来これだけの量を8歳でも溜められます。もちろん、その限界まで我慢させる必要はありませんが、1回の排尿量が膀胱容量の8割くらいだと、上手なオシッコの仕方と言えるでしょう。

トイレトレーニングが上手くいったときの褒め方

子どもの自発的な意思ではなく、大人の都合やタイミングでトイレに連れて行った際に、おしっこが少量出たとしても、あまり喜ばしいことではありません。トイレに慣れる分には悪いことではありませんが、「トイレでおしっこを出すとお母さんや先生が喜んでくれる」とインンプットされてしまうと、健気な子どもたちは無理しておしっこを出そうとします。

それよりも、「おしっこがしたくなったら教えてね」と日頃から話しかけ、たとえそれがトイレまで間に合わず、オムツやトレーニングパンツにしてしまったとしても叱らずに、子どもが行きたいと言ったときにトイレで排尿が成功し、年齢に適切な量の尿を出すことができた際に「おしっこ沢山出て良かったね」と褒めてあげるようにしましょう。

小学生になってもおもらしやおねしょをしやすい子について

これまでお話ししてきたとおり、真面目でお母さんや先生の期待に応えようという子ほど、大人の都合やタイミングでトイレに連れて行った際におしっこを出そうとがんばったり、自分からトイレに行きたいとは言えなくなってしまったり、「おもらしをしたら怒られる」と思いがちなので、トイレでおしっこができるようになるのは早くても、おもらしやおねしょが長引くことがあります。

それよりも、遊びに夢中でトイレに行くことを忘れてしまったり、いつも少しだけ言うのが遅くてチビってしまうくらいの無頓着な子のほうが子どもらしく健全で、膀胱の限界まで尿を溜めることができ(遊びや自分の楽しいことを優先してしまうので)、自分の意思でトイレに行くことができるようになりやすい傾向があります。

保護者や先生方へ(まとめ)

トイレトレーニングを成功するには、お母さんや先生方には、多少のおもらしは叱らず、ある程度子どもの意思を尊重してトイレに連れて行ってあげてほしいと思います。もちろん、ある程度の時間を置いてもトイレに行っていないな、水分を多く摂っているわりにトイレに行きたがらないな、とお母さんが感じたときに「おしっこしたくない?」と聞いてみるのは悪いことではありませんし、旅行や移動中でしばらくトイレに行けないのが明らかなときに、念の為に確認することも必要なサポートだと思います。3歳未満のお子さんの場合、まだ心と言葉の理解が完全には一致せず、本来の意思とは違う回答をしてしまうこともありますので、言葉通りに受け取って失敗してしまうこともあるでしょう。そういう点も踏まえると、無理に3歳までにオムツを外そうとするよりも、心と言葉の理解がほぼ一致する3歳になってから始めた方が、あっという間にトイレトレーニングが完了することもあります。いずれにしろ、子どもにも個性があり、成長の度合いも違いますので、周りと比較して焦ることなく、ご自身のお子さんの成長速度に合わせて見守っていただければと思います。

74aca350d2247476947c69eb04b2d8ca_s

 

残尿感・排尿トラブルに試してほしい3つのこと

当院の渋谷院長の著書『気持ちいいオシッコのすすめ』にも書いていますが、残尿感や尿の色が濃い・回数が少ない等の排尿トラブルの初期症状は、生活習慣を見直すことで簡単に改善できることがあります。

症状は気になるけれど、なかなか病院に行く時間がない!という方は、ぜひお試しください。

1.十分な水分補給(1日2000mlが目処です)

残尿感のある方は、尿意を気にして水分補給が不十分な場合があります。
尿の色が濃い・回数が少ない等の症状をお持ちの方にも同じことが言えます。

この1日2000mlというところで注意が必要なのは、朝起きてから夕飯までのおおよそ10~12時間の間に、ちょこちょこ小分けに飲むということです。2000mlを10で割れば、1時間に200ml。大きなペットボトルを短時間に一気飲みするのではなく、コップ一杯の水を1時間に1杯飲むくらいの軽い気持ちで心がけてみてください。

尚、まれに「沢山飲めばもっと早く良くなるのではないか?」と、1日3000ml以上も水分を摂ってすぐに続けられなくなったり、「2000mlに足りないのでは?」と夜寝る前にも水分を摂られる方がいらっしゃいますが、なにごとにも適量がありますので、あまりキッチリ考えて続けられなくならないよう、おおよそ1日2000mlを目処に多少のオーバーや少なさは気にせずに、そのうちに意識しなくてもいいくらいみなさんの習慣になればと思います。また、夜寝る前の水分補給は、夜間頻尿の原因にもなりますので、夕飯以降、少なくとも寝る3時間前の水分摂取はできるだけ避けてください。

fa26722d02cc259469ac72593029012d_s

2.尿意を感じてもちょっと我慢してからトイレに向かう

「オシッコを我慢するなんて体に悪いんじゃないの?!」と驚かれる方も多いかと思いますが、残尿感のある方は、1回の排尿量が少ない場合があります。正常に機能している人は300mlくらい尿が溜まると尿意を感じますが、オシッコのトラブルを抱えている人は、100~200ml程度でトイレに向かい、残尿感を感じたり、頻尿では?と悩まれたりしています。本来、膀胱は500ml程度は溜めておけるようになっていますので、多少の個人差はあっても、300mlくらいまで溜めてから排尿しないと“気持ちいいオシッコ”はできません。

自分の1回の尿がどのくらいかわからないという方は、百円ショップ等で手軽に買える軽量カップ(500mlくらい計れるもの)を購入して、調べてみてください。100~200ml程度の方は1で述べたとおり、十分な水分補給と最初の尿意ですぐにトイレに行かないよう、意識してみてください。

3.排尿する際、いきまない

日頃から、“気持ちいいオシッコ”をされてる人には、なんのことを言っているかわからないと思いますが(本来、それでいいのです)、オシッコのトラブルを抱えている人の多くが、排尿の際に「いきんでいます」。

これは、自覚のある方とない方がいらっしゃるので、自覚のある方には説明しやすいのですが、自覚のない方の場合、ご自身の状況をご理解いただき、“いきまない排尿”をイメージできるようになるまで、少々時間がかかります。ただ、実際に受診していただき、こちらで検査していただくと、どれほど本人にいきんでいる自覚がなくても、検査結果にはしっかり表れます。

“いきまない排尿”とは、リラックスして、もらさないようにしていた心のカギを外し、全身の筋肉をゆるめ、大きな解放感ともに奔流することです。そして排尿中も排尿後もとても気持ちのいいもので、排尿は一種の快感とも言えます。

もし、排尿中にそんな爽快感や余裕はないという方は、“無意識にいきんでる”タイプの人かもしれません。排尿中にいきむことは排尿障害を引き起こす原因になりますので、トイレでは心も体もリラックスすることを心がけましょう。

それでも改善しない場合は泌尿器科を受診してください

上記の3つを心がけても症状が改善されない場合は、泌尿器科を受診してください。また、試してみようと思ったが、自分ひとりではうまくできない。といった場合も、当院にご相談いただければ、例え上手な院長が患者様ひとりひとりに合わせた表現方法で改善方法をアドバイスいたします。

尚、痛みや腫れを伴うような症状のある方は、上記を試す前にできるだけ早くお近くの泌尿器科を受診してください。

ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(2)

排泄動作は、尿意を感じてベッドから起き上がりトイレまで移動して衣服を脱ぐ、座って排泄し後始末して、居室まで戻る、など一連のADL動作で成り立っています。しかし、尿意があってもADL動作ができないために失禁のADLレベルに役立つ排泄用具や周辺用具を一覧にまとめ、自立レベルを高めるためのポイントについて3回に分けて解説します。

さぁ、できる動作を活かして排泄の自立度をステップアツプしましょう。

自立レベルを高めるためのポイント(座位レベル編)

1.座ることができたら「ポータブルトイレ」で排泄を

介助や自力でベッドの端に座ることができたら、まずベッドサイドにポータブルトイレを設置して、安全に乗り移るための検討を行います。ADL能力や介護力、居室環境などに合った最適なポータブルトイレを選び、ベッドとの位置関係を十分に調整して、安心して使いこなせるまで練習しましょう。

20160502_1

20160502_2

2.トイレまでの移動ができない方は、リフトとの利用を検討しましょう

20160502_3居室での排泄は、プライバシーの侵害や臭気、後始末など様々な問題が伴います。しかし、歩けない人をトイレに連れて行くことは介護者に大きな負担がかかります。
そのようなとき、立ったままの姿勢で下着の交換やおむつの交換、尿器での排尿ができます。

3.衣服の工夫を考えて

20160502_5リウマチや半身マヒなどで手が不自由な方は、下着を下ろさなくても座ると股が開くパンツや、マジックテープで前が開くパンツを使用すると便利です。スカートやズボンもループ付きにするとよいでしょう。

20160502_4

 

ADL関連記事

知っておきたいオシッコの話<ADLの低下>
知っておきたいオシッコの話<高齢者の自立支援>
ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(1)
ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(3)
排泄用具を有効に活用するポイント

ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(1)

排泄動作は、尿意を感じてベッドから起き上がりトイレまで移動して衣服を脱ぐ、座って排泄し後始末して、居室まで戻る、など一連のADL動作で成り立っています。しかし、尿意があってもADL動作ができないために失禁のADLレベルに役立つ排泄用具や周辺用具を一覧にまとめ、自立レベルを高めるためのポイントについて3回に分けて解説します。

さぁ、できる動作を活かして排泄の自立度をステップアツプしましょう。

自立レベルを高めるためのポイント(寝たきり編)

1.「オシッコ」のサインを見逃さないで

おむつをあてている高齢者は、尿意や便意がないと誤解されがちですが、本当はおむつでの排泄が習慣化して尿意が鈍くなっていることも多いのです。
目の動きや表情、しぐさをよく観察していると「オシッコ」のサインに気付くことがあります。タイミングよく尿器や便器、ポータブルトイレなどでの排泄法を試してみましょう。朝起きた時や食後など時間を決めて練習すると成功率が高くなります。

2.寝た姿勢より、できるだけ座って排泄を

20160426_1ひとりで起きられない人は、電動ベッド等で背中を起こして尿器や便器で、座れる人は、ポータブルトイレに座って排泄しましょう。
寝ていると膀胱内に尿が残り、便も出にくい状態が起こりますが、座位をとると、腹圧をかけやすく重力を利用して自然に排尿排便ができます。また、排泄後の処理も手が届くので自分で行うことが容易です。
さらに、立つことのできる男性は、座位より立位の方がスッキリ排尿できます。

3.便通を整えることが大切です

便秘をすると腸内にたまった便のために膀胱が圧迫されて尿もれの原因になります。また、便秘が原因で気分が悪くなったり、服薬コントロールが上手くいかず軟便、水様便などの便失禁が生じることもあります。
毎日の積極的な水分補給や食物繊維の摂取によって定期的な排便を促すとともに、便秘が改善しない場合は、浣腸や摘便、洗腸などで直腸内を空にすることが大切です。

4.排泄方法は、時間帯や介護力で使い分けて

排泄は、ひとつのパターンに限定せず、高齢者の移動能力や生活習慣、ご家族の介護力などによって、いろいろな方法や用具を使い分けるとよいでしょう。
例えば、昼間やトイレで排泄し、夜間は尿器やポータブルトイレで排尿する、あるいは座って過ごすときは、尿量に合わせた活動的なパンツタイプにし、夜間は、吸収量の多いテープタイプとコンパクトタイプを重ねて・・・というように生活スタイルや尿量、介護力によって使い分けてワンパターンにならないように注意しましょう。

20160426_2

ADL関連記事

知っておきたいオシッコの話<ADLの低下>
知っておきたいオシッコの話<高齢者の自立支援>
ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(2)
ADLレベルに応じた排泄関連用具の選び方(3)
排泄用具を有効に活用するポイント

オシッコとからだのしくみを知っておこう

男女の膀胱と尿道の違い

膀胱は、腎臓で作った尿を一時的にためる場所です。恥骨の後ろにあり、尿の量に合わせて風船のように伸縮します。男性では膀胱から伸びた尿道を包むように前立腺があり(図1)、女性では膀胱のすぐ後ろに子宮があります(図2)

160223_2

膀胱や子宮、直腸などの骨盤内にある臓器を支えているのが、骨盤底筋群と呼ばれる筋肉です。骨盤底筋群は、外尿道括約筋、肛門括約筋、膣括約筋、肛門挙筋などから構成されています(図1、2)

160223_3

膀胱の尿をためる働き(蓄尿)と排出する働き(排尿)は、自律神経(交感神経と副交感神経の総称)と陰部神経と呼ばれる体性神経によってコントロールされています。

160223_5

排尿のメカニズム

膀胱の容量は300~500mlぐらいですが、150~200mlぐらいから尿意を感じ始めます。大脳が排尿中枢を抑制するため、我慢することができますが、容量いっぱいになると我慢できなくなり、仙髄(脊髄の一番下あたり)の排尿反射中枢を刺激して排尿します。大脳が未発達な赤ちゃんでは、このコントロールがうまく働かず、仙髄の反射によって排尿してしまうため、おむつが必要になります。脳卒中の後遺症がある人の場合も同じような状況にあるといえます(図3)

160223_6

尿は、膀胱につながる尿道を通り尿道口から排出されます。尿道の長さは男性では約20cmありますが、女性では約4cmと短く、その上、真下に向かって尿道口が開いているので、男性よりももれやすい傾向にあります。逆に男性は、括約筋が丈夫であることや前立腺が肥大することによって、尿が出にくくなります。

160223_4